こちらはスキップビートの二次創作ブログです。 原作者様及び出版社様等とは全く関係がございません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 1-1


おうちに帰ろう~Sweet home~


「もしもし――」
『おぅ、蓮。悪かったな、呼び出して。』
「いえ。そちらに伺えばいいですか?」
『いや、それが…今、ちょっと手が離せなくてな。片付き次第連絡いれるから少し待っていてくれるか?』
「わかりました。では。」


さて、どうしようか。
カフェ、はもう開いていないだろうし、誰かに見つかっても面倒だ。
このまま駐車場で───、いや。ラブミー部で待たせてもらうか。
こんな時間じゃ、もうあの子はいないだろうけれど。

「あれ?」

電気が付いている。もしかしてまだ事務所にいるのか?

ちらり、時計を確認する。
時刻は23時を回ったところ。

まったく…。高校生の女の子にこんな時間まで仕事を頼むなんて。
社長には悪いが少し待っていてもらって、先に彼女を送っていこう。

コンコンと、叩いた扉。

「はい」

聞こえてきたその声に、扉の向こうから現れた彼女の姿に。思わず口元が緩む。

「やぁ、最上さん。随分遅くまでいるんだね。今日はラブミー部の仕事?」
「あ、敦賀さん。こんばんは。いえ、あの今日はここで待ち合わせをしていまして。敦賀さんは…、休憩ですか?」

「いや。俺ももう終わりなんだけど、社長に呼びだされてね。連絡するからここで待っていてくれって言われたんだ。待ち合わせって琴南さん?」

「いえ、私も社長さんと…」
「そうなの?何か急ぎの用事があるって言っていたけど。」

「そうなんですか?相手の方が遅れているのかな?」
「相手?」

「はい。実は私…、下宿先を出る事になりまして。」
「え?何かあったの?」

「はぁ…。ファンの方に住居がバレてしまったみたいでお店の周りに毎日人だかりが…。大将は気にするなって言って下さるんですけど、お店のお客様やご近所にもご迷惑をかけてしまっているので……。」

「そうなんだ…。それは困ったね。」
「はい……」

落ち込んで肩を落とす彼女。

この子にとってあの家がどんなに大切な場所か。
下宿先のご夫婦がどれほど支えになっているか。
なんとかしてあげたいけれど、家が知られてしまった今、熱狂的なファンが彼女に危害を加える可能性も否めない。

「…もう部屋は決まってるの?一人暮らしなんて心配だな。」

「あ、社長が俳優部の先輩を紹介してくれたんです。ルームシェアって事で。」
「ルームシェア?」

同居…って。
……トップ女優が新人なんかとの同居を了承するんだろうか?

「差し支えなければ相手の名前、教えてくれる?」
「名前は聞いてないんです。社長さんが直接紹介するからって。」

「名前聞いてないって……。知らない人とルームシェアなんて大丈夫なの?」
「それは、多少不安はありますけど…。マンションのセキュリティはしっかりしているそうですし、部屋もちゃんと鍵がかかるからって。
あ、リビング等は共同になるそうなんですけどね。」

セキュリティが安全なのはいいとして。
しかし、同居は……。
この子の性格じゃ色々と気を使ってしまうんじゃないだろうか。

「その方は、お食事をきちんととらないそうなんですよ。ですから、そのケアが条件になっているんです。女優さんだから体型を気にされているんですかね?無理なダイエットは身体によくないのに。」

「…………」

「演技に関してはトップレベルで妥協を許さない方だそうです。頼めば演技指導もしてくださるからって!」

「……最上さん……」

それって……もしかしなくてもオレの事なのでは?

RR

「ちょっとごめんね。社長からだ。」


「はい」
『よう、蓮。今どこだ?』
「ラブミー部ですが。」
『それなら話は早いな。そういう事だから宜しく頼んだぞ。しっかり食事のケアして貰えよ。』
「そういう事って!あのですね───、切れた…。」

「敦賀さん?」

小首をかしげて心配そうに俺を見上げる彼女。

「ふ──────っ」

大きくため息をつく。

まったく!社長は何を考えているんだ。
確かに最上さんとは同室で生活したことがあるけれど、それは「カインとセツ」の兄妹役として。
敦賀蓮と最上キョーコで同棲なんて───。


……俺が、もたないよ……。


でも。


「……最上さん、荷物はこれだけ?」

立ち上がり、大きなスーツケースを手にとれば。

「え?え?」

困惑した彼女の表情。

「うん、後でちゃんと説明するから」
「はぁ…?」

「だから、最上さん?」
「はい?」


「うちに帰ろう?」


Next happening




ただただ、自分の欲望のままに蓮とキョコを同居させてみました。
今後の展開とか、ラストとかまったく考えてなかったりして。

こんな事あったらいいな、あんなことすればいいのに。
そんな日々の妄想を綴っていきたいな、と思ってます。

みなさんはどんなハプニングがお好みですか?
よかったら「蓮キョ」妄想、聞かせてくださいw
参考にするから(←おい)
スポンサーサイト
2010.06.23 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。