こちらはスキップビートの二次創作ブログです。 原作者様及び出版社様等とは全く関係がございません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「君が好きなんだ。返事は急がないから考えておいて…」

突然の告白。
だけど、敦賀さんが私の事が好きなんてありえない。
大きくため息をつきながらあきれ顔でこう言われるに決まっている。

『やれやれ、君は本当に騙されやすいね。この俺が君みたいな色気のない娘を好きになるはずがないだろう?』

騙されないんだから。

社さんから、1週間分のスケジュールは聞き出した。
似非紳士の企みを探るべく、いざ!追跡開始。


敦賀蓮、追跡記録 ~心の奥に隠れた真意~


1日目。
某スタジオにて、雑誌の撮影を終えた敦賀さんを発見。
一緒にいる人、カリスマモデルのほのかさんだ。
やっぱりきれい。憧れちゃう。
それに、なんだか絵になっている。
あっ!
腕なんてからませて楽しそうにしちゃって!
ほら、やっぱり。
ああゆう素敵な人が好きなんじゃない。

2日目
某TV局通路にて、セクシー衣装に身を包んだグラビアアイドルに囲まれて、笑っている敦賀さんを発見。
‥みんな、凄いダイナマイトボディ。
でもちょっと、ベタベタしすぎじゃない?
敦賀さんだって、なんだか顔がゆるんでない?
ほら、やっぱり。
ああゆうスタイルのいい、色気のある人がいいんじゃない。

3日目。
ドラマの撮影現場にて休憩中の敦賀さんを発見。
共演している女優さんの頬に手をよせて優しく笑っている。
頬を染めて敦賀さんを見つめるその女性と、笑顔で話すあなたは、まるで恋人同士のように自然で。
ほら、やっぱり‥‥

4日目。
LMEのカフェにて、ここにいるはずのない敦賀さんを発見。
あれ?
社さん情報だと今日は郊外でロケだったはずなのになんで事務所にいるんだろう?
‥‥ちょうどいいから、このまま観察!
敦賀さんに気付かれないように観葉植物の陰に身を隠し吹き抜けのカフェを2階からのぞきこむ。

さすが芸能界1のイイ男と言われるだけあって、コーヒーを飲む姿も絵になっているわ。
ん? 誰かと話してる。
あれ、LMEの歌手部門の子だ。
この前、瑠璃子ちゃんがライバル!って、言っていた新人さん。
あ、席を勧めている。もしかして、待ち合わせしていた…とか?
楽しそうに嬉しそうに話すその子を、ほほ笑みながら見つめている敦賀さん。


‥‥‥ほら、ね。

‥私の事が好きなんて、やっぱり‥‥嘘じゃない‥‥

 
   ***


「最上さん、今帰り?俺も今日はこれで終わりだから送って行くよ?」
「‥‥結構です。私なんかに構っていないで、もっと素敵な人でも送ってあげてください」

突然現れた敦賀さんをちらりとも見ることなく答え、スタスタと着替えるためにラブミー部へと向かう。

「ちょっと待って!今のどういう意味?」

後を追いかけてきた敦賀さんが閉じかけた扉をこじ開けて入ってきた。

「‥あなたには、もっとふさわしい人がいる、って言っているんです」
「それ、本気で言ってる?」
「勿論です」

敦賀さんを纏う空気が、ひんやりと冷たくなった。鋭い視線で射抜かれる。

あ、本気で怒っている‥
どうして怒るの?
だって、
だってあなたが‥‥

「‥‥だって、楽しそうにしていたじゃないですか!他の人と楽しそうに笑っていたじゃないですかっ!‥‥た、くせに…
「えっ?」
「私の事、好きだって言ったくせに!!敦賀さんなんて、だいっきらい!!」

ぽろぽろと、涙が溢れだす。
こんな感情、知らない。
こんなの私じゃない。
こんなぐちゃぐちゃな私
‥‥あなたに、知られたくない

ふわり、優しい香りが私を包み込む。
甘い檻が、私を捕らえ閉じ込める。

「‥‥離してください」
「嫌だ」

離れなきゃって心臓が警戒音をならしているのに。

「離して!」

言葉とは裏腹に、このあたたかい腕を独り占めしたと思う私がどこかにいる。

「ダメ。離したら君は逃げてしまうだろ? ねぇ、最上さん。それがこの前の返事?」
「‥そうです。だから、離して下さい」

これ以上、私の心を ‥‥オカサナイデ‥‥

「じゃあ、今から君は俺の恋人だね」
「なっ!何故ですか? 大嫌いって、言ったじゃないですか!」

驚いて顔をあげると、敦賀さんはとろけるような笑顔で私を見ていた。
ドキン、心臓が跳ねる。

「ヤキモチ、妬いてくれたんだろう?」
「ちが‥」
「違わないよ」

本当は、もうわかっている。
他の女性と楽しそうに笑うあなたに胸がいたんだのは、イライラしたのはなぜなのか。

‥‥ミイラ取りが、ミイラになっちゃたんだ。

でも、このあたたかい胸を独占できるのならば
それも いいかもしれない。

スポンサーサイト
2010.02.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://teafortwo22222.blog102.fc2.com/tb.php/16-0775d45d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。